LOG IN

カメラ女子と桜

by ルリ子

新潟県上越市には、桜の名所「高田公園」がある。
日本三大夜桜として知られているスポットだが、わたしは夜よりも昼間に来ることをおすすめする。

のんびりとした時間の流れのなかで、風に散りゆく花びらを楽しむほうが、わたしにはちょうどいいのだ。そんな花見の日に、彼女はひときわ目を引くカメラをもってきた。

フィルムカメラの"hasselblad"。ハッセルブラッドというそうだ。
中古でも16万するというそのカメラは、わたしにとっては初めてお目にかかるシロモノだった。
しかもカメラ本体は、フィルムが装着されている後方部だけを取り外すことができ、たとえばモノクロフィルムを装着した後方部を新たに取り付けることができる。つまり自由自在にいろいろなフィルムで撮影することが可能なのだ。

説明が難しいけれど、伝わるだろうか。。

フィルムカメラをもつ彼女と桜。なんてさまになるのだろう。

かわいいぞ。

ほんとは花びらが散りゆく様を撮りたかったのだけど、とても難しく、かわりに撮れた彼女のかわいい歩く姿。

3月のライオンをイメージして撮ってみた写真。3月のライオンのストーリーはよく知らないけれど、なんとなく(笑)。

黒いロングコートに包まれて、ちょこん、と地面に座った彼女。
カメラ女子の撮っている姿を、わたしは撮りたい。



ルリ子
OTHER SNAPS