LOG IN

雪景色とハーブティー

by ルリ子

久しぶりに人の家にお呼ばれして、コタツで鍋をつついた夜。

お酒を交わしながら、他愛もない話でケラケラと笑い、そのまま布団で眠りについた。どうしてあんなに笑ってたんだっけ、と朝起きてもよく思い出せない。ただとにかく笑って、そのあいだは他のことはすべて忘れてた。

そうだ、朝食はあそこで食べよう。

そう思いついて向かったのは、長野県信濃町の「らんぷ屋工房&カフェ」。以前取材でうかがって訪れたことがあったけれど、その時は晩秋で、こんな雪景色は初めてだ。
瞳に映ったその佇まいが、ただただキレイで美しく、うっとりしてしまう。あたりは一面、銀世界だ。

最初に運ばれてきたハーブティーが、今の気分にぴったりだった。はちみつを少しだけ垂らして一口飲むと、心がホッとするのがわかった。

続いて出てきたのは、かぶりつきドッグ。目に入るなり「わ〜すご〜い!!」と声に出さずにはいられなかった。なんと150グラムのソーセージが出てきたのだから。パンにはこのままでは挟めそうもないので、ナイフを入れてみると、ぴゅーっと肉汁が吹き出す。
あわててナイフの角度を変えながらゆっくりと下ろしていく。ひとつ口へ運ぶと、スパイスが口の中いっぱいに広がり、とってもジューシー。


窓から望む雪景色。そして目の前には温かいハーブティー。ゆっくりと過ごすこの時間が、なによりの幸福だった。束の間の休息。このまま時が止まればいいのに、本当にそう思った。


ルリ子
OTHER SNAPS